鼻整形で整った顔立ちに変身|魅力アップ!整形情報

理想の鼻に近づくためには

ウーマン

アジア人特有の鼻の悩み

美容整形の中には鼻整形というのがあり、これは鼻の形や大きさを理想に近づけていく方法です。鼻にコンプレックスを感じている人が受けるわけですが、具体的なものに鼻が低い、鼻の穴が大きいなどがあります。実にアジア人特有の鼻をあらわしていますが、欧米の外国人のような鼻を目標とする人もいます。どうして人種によって鼻の見た目が違うのかは、気候に応じて違いがあると言われています。つまり、寒い国に住む人ほど鼻が高く鼻の穴が狭い、暑い国に住む人ほど鼻が低くて鼻の穴が大きいということです。これは人類が進化してきた過程であらわれてきたことで、気候に適した鼻と言えます。人は自分にないものに憧れを抱くように、外国人もアジア人のような鼻に憧れると言われています。一部の外国人の人は自分たちの高い鼻にコンプレックスを持ち、低くて丸い鼻を求める人が実は少なくないのです。このような理由で、鼻の形やその美意識にも違いが見られます。しかし、鼻は顔の中心に存在する部分なので、それで顔の印象が決まってくることもあります。しかも鼻は痩せることがありませんし、老化も感じにくい部分です。コンプレックスを一生背負うぐらいなら、鼻整形を受けていくことも1つの方法です。これで見た目の悩みもなくなり自信が持てることができれば、大きな意味で成功とも言えます。こういった理由から、鼻整形を受けるメリットは大きいのです。その悩みに応じたさまざなま方法があるので、どのようなことでもできるだけ合わせた方法で鼻整形が行われます。鼻を劇的に変えていくよりも少しでも変化を感じたいのならば、鼻整形を検討してみてもいいかもしれません。

具体的な方法

鼻整形で行われる方法は、実にさまざまな技術で鼻を理想の形に整えていきます。一般的に鼻を高くするイメージがありますが、これはシリコンプロテーゼを挿入していくことで実現します。シリコンプロテーゼは柔軟性のある固形物で、体内に入れても害のない安全なものです。それを鼻の内側から挿入し、鼻筋があるところに装着することで高さが出てきます。これと同じくヒアルロン酸を使った方法でも高さを出していくことができ、これは鼻に注入していくだけで済みます。メスを使わずに効果を出せるので、これを選ぶ人も多いです。そして、鼻全体が大きい場合は、骨を削ったり、鼻の皮膚を一部切除して小さくしていく方法があります。ほとんどが鼻の内側から行われるので、傷跡が目立つことはありません。また、鼻の穴を鼻翼と言いますが、これを小さくしていくこともできます。同じように鼻の内側から余分な皮膚を切除して小さくしていく方法で、不自然に見えないように慎重に行われます。こうすることで、鼻の穴の広がりが目立たなくなり、鼻のことで気にすることもなくなります。これ以外にも美容外科によってこだわりのある鼻整形があり、医師と一緒に最適な方法を選んでいくことができます。美容外科では手術前に術後のイメージ画像を見せるところも多いので、それを見て判断していく方法もあります。自分が思い描いていた鼻が、このイメージ画像で納得できないものになるかもしれないので、これを見せてもらうことは大切です。十分に満足できる鼻にイメージが合えば、結果に対して満足感も大きくなるでしょう。